ワゴンRTOPワゴンRの評価>ワゴンRの人気グレード

ワゴンRの人気グレードと装備を評価!おすすめのグレードは?

 


※ワゴンR:suzuki.jp

 

ワゴンRはスズキが誇る軽のヒット作です。

 

車高の高い軽のトールワゴンですが、小回りが利くことによる使いやすさや、オシャレなスタイリング、シンプルで使い勝手に優れたエクステリア等、使う人のことをよく考えて作ってあります。


加えてマイルドハイブリッドによる燃費のよさも人気のひとつです。


そのワゴンRの装備やおすすめグレードを紹介します。

 


ワゴンRの売れ筋人気グレードベスト6を発表!

 

メーカー発表のグレード別販売台数や中古車流通量、ディーラーへの調査など、当サイト独自に出したワゴンRの人気グレードランキングです。

 

順位 グレード名 価格(万円) 流通台数
1位 スティングレーハイブリッド X 148.8 36台
2位 ハイブリッド FX 117.7 27台
3位 ハイブリッド FZ 135.0 24台
4位 スティングレーハイブリッド T 165.9 22台
5位 FA 107.9 14台
6位 ハイブリッド FZセーフティパッケージ 140.9 13台

 

ワゴンRの価格帯は107.9万円~178.0万円ですが、一番の売れ筋はハイブリッドの中間グレードの「スティングレーハイブリッド X」となっていることがわかります。

 

 

ワゴンRの人気グレードの装備を比較

 

ワゴンR スティングレーハイブリッド Xの主な装備は?

 
 

○デュアルセンサーブレーキサポート

 

 

 


前方衝突警報機能:フロントガラスのカメラやレーダーで前方の車や歩行者を認識して、衝突の可能性があるとブザー、メーター、ヘッドアップディスプレイで警告します。

 

 


前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能:前方との衝突可能性が高い場合に、ドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストにより制動力が高くなります。

 

 


自動ブレーキ機能:衝突しそうになると自動でブレーキをかけて衝突を回避するか、ダメージを軽減します。

 


○ヘッドアップディスプレイ

 


軽初となるこの機能は運転席のダッシュボードの上に、速度や警告等の情報を表示して、ドライバーの視点の動きを少なくする等、安全性に貢献します。

 

 

○ハイビームアシスト機能

 


30kmで走行中のこの機能をオンにした場合、対向車や先行車がいる場合、明るい場所では自動的にロービームに切り替え、対向車や先行車がいなくなると自動でハイビームに切り替えます。

 

 

○クルーズコントロールシステム

 


この機能を使うとアクセルを踏まずに速度を維持できますので、高速道路や長距離での疲労軽減に貢献します。

 

 

○フルオートエアコン(抗菌処理タイプ/エアフィルター付)

 


温度を設定すると自動的に車内温度を保ってくれるフルオートエアコンです。

 

抗菌処理タイプでエアフィルター付きなので、花粉症の方などにも心強い味方です。

 

 

ワゴンR ハイブリッド FXの主な装備は?

 
 

○キーレスプッシュスタートシステム[エンジンスイッチ、携帯リモコン、リクエストスイッチ(フロントドア、バックドア)]

※ハイブリッド FZ/スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

キーを携帯しているだけで、フロントドアとバックドアの開閉ができ、またスイッチを押すことでエンジンのスタート、ストップができます。

 

 

○エマージェンシーストップシグナル

※ハイブリッドFZ /スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

約55km以上で走行中に急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動で高速点滅して、後続車に知らせて警告します。

 

 

○軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)

※ハイブリッド FZ /スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

ボディーに特殊な鉄板を使用して、高い強度を確保しながらも軽量化されていて、さらに強度の強い鉄板も使用して安全性を高めています。

 

ボディー構造も特殊な骨格構造やキャビン構造によって安全性を高めています。

 

 

○LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機構付)

※ハイブリッド FZ /スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

通常のヘッドライトよりも寿命が長く明るいLEDを使用して、経済性とともに安全性にも貢献します。

 

 

ワゴンR ハイブリッド FZの主な装備は?

 
 

○IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)

※スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

フロントガラスにはIR(赤外線)をカットする機能を備えていて、あわせてフロントドアガラスにもUV(紫外線)とIR(赤外線)をカットする機能があります。

 

ドライバーの日焼けや、ジリジリとした暑さを防いで、車内の温度の上昇をおさえます。

 

 

○ヒルホールドコントロール

※ハイブリッド FX /スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

坂道発進をする場合、ブレーキからアクセルに踏みかえる時において、最長2秒間ブレーキが作動して、車が後退することを防ぎます。

 

この機能によって坂道でも後退することなく、いつも通りに発進することができます。

 

 

○アンブレラホルダー(リヤドア両側)

※ハイブリッド FX /スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

後部ドアの内側に傘入れが装備されていますので、車内が水滴で濡れることを防ぎます。

 

雨水自体は車外に出ていくようになっていますので、水がたまって匂いなどがすることなく安心です。

 

 

○電動格納式リモコンドアミラー

※ハイブリッド FX /スティングレーハイブリッド Xにも標準装備

 

 

携帯リモコンのスイッチを押すことでドアミラーが自動で開いたり、格納したりします。

 

雨の日や大きな荷物を持っている時などに便利です。

 

 

その他の人気の装備は?


○誤発進抑制機能

 


停車中に誤ってアクセルを強く踏むと、エンジン出力を抑えて急発信、急加速を防ぎます。

 

同時にブザーとメーターディスプレイでドライバーに知らせます。

 

 

○車線逸脱警報機能

 


走行中に、車線を検知して、はみ出しそうになると、ブザーとメーターディスプレイでドライバーに知らせて注意を促します。

 

 

○ふらつき警報機能

 


これも左右の車線を検知して、ふらつくなどした場合にブザーとメーターディスプレイでドライバーに知らせて注意を促します。

 

 

○先行車発進お知らせ機能

 


停車中に前方の車が発信しても気づかずない場合にブザーと社内表示によってドライバーに知らせます。

 


当サイトのおススメグレードはワゴンR ハイブリッド FZ!

 


ワゴンRにはこれまでご紹介してきたように様々なグレードがありますが、当サイトのおススメグレードは「ワゴンR ハイブリッド FZ」です。

 

その理由をご紹介します。

 

 

価格と装備のバランスが良い


ハイブリッド FZに装備されていないもので一番欲しい機能といえば安全機能の「セーフティーパッケージ」です。

 

スティングレーハイブリッド Xにはこの機能が標準装備されていて、両車の価格差は約19万ですが、ハイブリッド FZに「セーフティーパッケージ」をつけるとなると、約9.6万円で装着することができます。


スティングレーハイブリッド Xとハイブリッド FZの「セーフティーパッケージ」以外の価格差ですが、エクステリアや若干のインテリアの違いなどで、ハイブリッド FZにも必要十分以上の機能は登載されています。


以上からハイブリッド FZを選択し、しかし、最新の予防安全機能がほしいという人は「セーフティーパッケージ」をオプションで付ければいいのです。

 

 

普段使いがメインなら


ワゴンRの一般的な使用方法としては、やはり日常的な子供の送り迎えとか、ちょっとした近所の買い物などがメインとなることでしょう。

 

その点を考えても見た目がクールなスティングレーハイブリッド Xを選ぶ必要は少し薄れてくるのではないでしょうか。


もちろんファーストカーで見た目にもこだわるなら、スポーティな外観のスティングレーが選択肢に入ってきます。

 

 

足代わりとしての機能


前述したように近所のちょっとした使用や、また、セカンドカーとしての利用も少なくないワゴンRという車の使われ方を考えると、スティングレーのようなデザイン性を持った車より、少し低価格で、でも機能は十分といったハイブリッド FZのほうをオススメします。

 

 

要注意! 下取り車で損しちゃう人・しない人

 

突然ですが、あなたは下取り車をお持ちですか?

 

幸いにもお持ちの方は、下取り車の処理で手抜きをすると、数十万円以上の損をする危険があります。

 

「え?下取り車なんて、ディーラーに任せてるし……」

 

というあなたが一番危ないです。

 

例えばここに、買取相場150万円(※あなたはその相場を知らない想定)のクルマがあるとして、それをディーラーに持っていったら「これなら115万円がいいとこですが、○○(適当な理由を入れて下さい)だからご祝儀で5万円プラスして120万円で下取りますよ」とか何とか言われたとします。

 

本当なら150万円の価値があったのに、120万円で下取りに出してしまったら30万円の損ですよね。

 

「いやいや君ぃ、そんな話が……」

 

けっこうザラにあるんです(なければ、わざわざこんな記事を書いてまでお伝えしません)。

 

せっかく頑張って交渉して、最大限の値引きで次のクルマが買えそうなのに、その値引き額がそっくりパァ、なんて事になったら、もう目も当てられません。

 

(※ディーラーさんの中には、下取り車で取り返すことを見越して気前よく値引きしてくれるタヌキもいるので要注意です)

 

それでは、これから「損をしない下取り車の売り方」を紹介します。

 

 

たったひと手間で9.5万円?!

 

基本的に、ディーラーの提示する下取り査定金額を鵜呑みにしてはいけません。

 

管理人も何度となく経験して来ましたが、最初のディーラー下取り査定は、本来の価値よりもかなり安く見積もられています。

 

※そりゃディーラーさんも商売ですから、その金額でお客さんが納得してくれれば万々歳です。

 

 

昔々、管理人がクラウンを下取りに出した事がありました。

 

次のクルマを買うために、ディーラーでクラウンを下取り査定してもらった時、最初の査定額は3万円でした。

 

「15年落ちのクラウンなんて本当なら廃車ですけど、店長に無理言って、特別に3万円つけさせてもらいました。彼女にプレゼントでもしてあげて下さい」

 

……とか何とか、そんなセールスマンの言葉を信じて「なんていい人なんだ、次もこの人からクルマを買おう」なんて無邪気に思っていたのですが、クラウンを手放す前に、「ラジオで聞いた査定サイトならもっと高く売れるんじゃないの?」と欲が出てきました。

 

さっそく買取店の査定サイトに申し込んでみると、あれ?

 

ディーラーで3万円と(お情けで)査定された(筈の)クラウンに、どうした事か13万円の買取相場がついたのです。

 

 

カービュー査定

 

 

「えぇっ?!」

 

何かの間違いじゃないかと思って、すぐにディーラーへ確認の電話を入れると、先ほどのセールスマンから「店長と相談したんですが、即決なら12.5万円で下取りさせて頂きます」との返事。

 

なんと電話一本で、下取り査定金額が3万円から12.5万円にアップしたのです。

 

昔は若かったので「あぁ、何か変なこと言ったから迷惑かけちゃったかも。お店に損させちゃった……」などと気にしていましたが、我ながら青かったですね(苦笑)

 

さて、クラウンですが買取店とディーラーの差額が5千円なら、フォローのしっかりしているディーラーさんの方が面倒がないため、今回はディーラーへ下取りに出したのでした。

 

 

これがその時の契約書です。

 

ディーラー下取り価格

※リサイクル料金の戻りを含めて12.5万円です

 

かくして今回、管理人の15年落ちクラウンは9.5万円も下取り査定をアップした訳ですが、実際にやったことは


① 買取店の査定サイトで見積もりをとった

② それをディーラーへ伝えた

 

これだけです。

 

ヘタな小細工ではなく、ただ実際に出た金額を伝えるだけですから、簡単かつ確実に下取り金額アップが期待できます。

 

皆さんも、下取り車があるなら、そのままディーラーさんへお任せではなく、たったひと手間で大きな利益を引き出しましょう。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

ワゴンRを安く買うなら?


値引き交渉が苦手でも安く買えるワゴンRの購入術です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。


>>ワゴンRの値引き交渉術はこちら

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ ワゴンRを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com