ワゴンRの値引き体験談の口コミ

 

 

・ワゴンR購入時期

 

2017年10月14日

 

・商談地(HN)

 

愛媛県(おったまげーさん)

 

・購入グレード

 

ワゴンRスティングレー ハイブリッド X

 

・オプション金額合計

 

185,685円

 

・ワゴンR本体値引き

 

120,000円

 

・オプション値引き

 

22,536円

 

・ワゴンR値引き合計金額

 

142,536円

 

・下取り車価格(カッコ内は当初の査定額)

 

65,000円(45,000円)

 

・下取り車上乗せ金額

 

20,000円 (下取り車で何十万円も損しない方法

 

・ワゴンR値引き体験談の口コミ

 

軽自動車初のハイブリッド車を選ぶなら、ワゴンRスティングレー!

車の外観や内装の質感の自分の好みを優先するならムーヴカスタム!

結構悩みましたね。

 

購入した今は、ワゴンRスティングレーを選んで良かったと思っていますが、格好良さでは個人的にはムーヴカスタムの方が好きだったんですよ。


室内に関してはどちらも格好良さは強調されていますが、外観がやはり違いますよね。

ワゴンRのハイブリッドはCMで見たとおり。


軽特有のキュルキュルは鳴らないし、走っていてもパワー不足も感じられませんでした。

購入をすると決めた理由のひとつは値引き。

 

どちらも同じライバル車ではあるので、それなりの値引きを期待出来る!と思っていましたが、ワゴンRスティングレーが12万円。

 

ムーヴカスタムが10万円と見積もりの段階で差が開いていました。

 

ダイハツにはムーヴカスタムがもう少し安くなるなら、この車を買いたいと最後にお願いをしてみたものの、条件は変わらず下取りのプレオの値段を2万円上げるのが精一杯でした。

 

それ以上に上げてくれたのがスズキ。

 

ハイブリッド車は出てきたばっかりなので、値引きは上がらないと予想していたのに、ムーヴカスタムの存在をちらつかせると14万円まで値引きが上がり、ダイハツが上げるのであればと下取りを同じく2万円上げてきました。

 

○プレオ

 

査定額・・・4.5万円

最終査定額・・・6.5万円

これが全てでした。

 

値引きについてはダイハツの方が上で、スズキがどのように対策をしてくれるかと思っていたのに、スズキの方が圧倒した感じがありましたね。

 

最後にもう一度試乗をしてハイブリッド車の感覚を確かめて、ワゴンRに関しては引いて貰える金額は十分だったので、今回はワゴンRスティングレーを選びました。

 

 

こちらも参考に!当サイトの値引き交渉術

ワゴンRから1発で値引きを引き出す方法(商談時間の短縮)

初心者でもワゴンRから大幅値引きを引き出す方法(大幅値引きの確率アップ)

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ ワゴンRを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com