ワゴンR 初心者でも出来る値引き交渉術!

 

ここでは、新車値引き交渉初心者の方のために、ワゴンRを安く買うための値引き交渉術を紹介します。

 

このワゴンR値引き交渉術を実践すれば、誰でも簡単にワゴンRの値引き目標金額を達成できます!

 

全然難しくないので、是非実践しましょう。

 

※目標値引きの参考に!ワゴンRの実例値引き額

 

まず最初にセールスマンさんは、上司から値引きを引き出してくれる大切なパートナーです。

 

「このお客さんには是非ワゴンRに乗ってもらいたい」と思わせることが出来れば、値引き交渉でも有利になる事は間違いありません。

セールスマンさんとは、良好な関係を築けるといいでしょうね。

 

また、下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

 

買取店の相場を把握しておけば、ディーラー査定が適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすいでしょう。

 

下取り車がある場合は、愛車を限界まで高く売ろう!も合わせてご参考下さい。

 

 

ディーラーリストアップ

 

これから商談するディーラーをネットなどで調べてリストアップします。

 

ワゴンRのスズキディーラーは、経営の異なる複数のディーラーをリストアップしましょう。これはワゴンR同士を競合させるためです。

 

また多くのディーラーと商談すれば、「値引きが出来るディーラー」に当たる確率が高くなります。

 

可能であれば、サブディーラー(新車も販売している中古車店や整備工場)もリストアップして、商談しましょう。

 

他には、他社のライバル車のディーラーで商談すると、ワゴンRの値引きが出やすくなります。

 

ダイハツのムーヴや日産デイズ、ホンダNWGN、三菱eKワゴンなどのディーラーに行って、「ワゴンRも気になってるが、安くなるならこちらも検討したい」と競合させれば、値引きを引き出すきっかけになります。

 

そうして出た値引き条件をワゴンRにぶつけて、さらなる値引きを狙います。

 

 

初回交渉

 

リストアップしたそれぞれのディーラーで初回交渉を行います。

 

その際は、セールスマンさんには新車の購入意思があることをしっかりと印象付ける事が大切です。

「まだ車種は迷っているが本格的に検討中です」と購入意思をハッキリとさせれば、今後セールスマンさんもやる気になって対応してくれるでしょう。

 

ノルマに焦っていれば、セールスマンさんの方からいきなり好条件の値引き額を提示してくる事もあります。

 

 

予算を聞かれたら

 

「予算はおいくらですか?」などと聞かれても、この段階では具体的な金額は言わない方がいいでしょう。下手に予算を伝えると、その予算内でまとめられてしまい、値引きの上乗せが効かなくなります。

 

またあまり低い金額を言っても、「出来ません」と言われて終わりです。

 

こちらから予算を伝える時は、交渉終盤のここぞという時の切り札です。予算を聞かれても「安ければ安いほどいいです」と言っておきましょう。

 

 

ワゴンRとライバル車の競合

 

ライバル車のディーラーに行ったら、他の車と迷っている事を匂わせながら商談を進めます。「向こうは○○万円引いてくれましたよ」などと、具体的な金額を出して各ライバル車から値引きを引き出します。

 

そうして出たライバル車の条件をワゴンRの各スズキディーラーやサブディーラーへぶつけていきます。

 

スズキのディーラーに対しても「車選びにはまだ迷っている」と言う状況でセールスマンさんと接していきます。そして「NWGNはワゴンRよりもこれだけ安いので迷ってます・・・」などと言って、値引きの上乗せを期待しましょう。

 

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、ワゴンRの値引き交渉と並行して下取り額の上乗せも要求していきます。その時はワゴンRの値引き額と下取り車の査定額は分けて交渉して行きましょう。

 

この段階で「値引きと下取り込みで○○万円です」とやられてしまうと、買取店や他のディーラーの査定額との比較が出来ません。

 

コミコミ表示だと契約してからいざ契約書の内容を見てみると、値引き額も査定額も思ったほどではなかった、なんて事もあります。

 

ワゴンRの値引き額と下取り額はきっちりと分けて交渉しましょう。

 

 

ワゴンR同士の競合

 

これまで他車との競合をしてきましたが、ワゴンRからある程度値引きを引き出せたら、交渉も大詰めです。

今度はスズキディーラー同士の競合に切り替えましょう。

 

スズキディーラーでは、「実は本命はムーヴでしたが、妻の勧めもあってワゴンRに決めようと思います。

でもムーヴを諦める代わりに、納得できる条件で契約したいので、申し訳ないですが他のスズキでも話を聞いてきました。向こうは店長さんも出てきて総額○○万円を提示してきました。」

 

などと言って、スズキディーラー同士の競合を煽ります。

 

 

ハンコを捺す前の最後の一押し

 

ワゴンR同士の競合に入ったら、最終条件をぶつけて行きます。その際に「この条件なら契約してもいいと思える金額よりも多少上乗せした希望額」をぶつけてみましょう。

 

例えばですが、ディーラーの提示額が140万円で総額135万円が希望額なら、それよりも低めで「130万円になれば契約します」などと言ってみると良いでしょう。

 

そこで「それでやります」や「130は厳しいので135万でどうですか?」となれば目標達成ですが、「138万が目一杯です」とか何らかの妥協案を提示してくる事があります。

 

もちろんそれで納得してはいけません。「ではETCを無料で付けてください」「サービスで○○を付けてください」と、数万円程度のオプションサービスやオプション割引きが通りやすいでしょう。

 

他にも端数のカットや納車時のガソリン満タン、車庫証明費用の手数料カット、購入後のオイル交換サービスなどを付け加えてみるのも良いでしょう。

 

そして自分の納得できる条件になれば、ワゴンRの契約となります。

 

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は愛車を限界まで高く売ろう!で紹介していますので、合わせてご参考下さい。

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ ワゴンRを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com